西光寺

西光寺

西調布駅北側にある西光寺。
開基は室町時代の応永年間(1394~1428年)とされる歴史ある寺院。

本堂などはすでに近代的な建築物に変わっていますが、境内にある仁王門は調布市内唯一現存している建物で、18世紀初頭に建築されたものと推測されているそうです。
(市指定文化財)

そして幕末に活躍した新撰組局長・近藤勇の座像が山門前にあります。

この寺付近に大政奉還後、旧幕府の命で甲陽鎮撫隊と名称を変え、甲州(今の山梨県)へ進軍する際に立ち寄ったとされ、中村勘六という名主の接待を受けたと言われ、その縁で平成13(2001)年に作られたものです。

調布市は近藤勇が生誕した街でもあります。
新撰組のファンの方はぜひ調布市にお越しください。

近藤勇生家跡はこちら

入場料:無料

地図