深大寺

深大寺

調布で最も著名な観光名所と言えば深大寺(じんだいじ)。
東京では浅草寺に次ぐ古刹(歴史のある寺)です。

高句麗からの渡来人とも伝わる満功(まんこう)上人が奈良時代にあたる天平(733)5年に開基したとされ、その後天台宗に改宗。現在に至るとされています。
建造物には残念ながら歴史的価値がありませんが、冒頭の銅造釈迦如来倚像(白鳳仏)が国宝に指定。

現在は釈迦堂に納められているそうですが、梵鐘も重要文化財に指定されています。

さらに深大寺を屈指の観光名所にしたのが、「深大寺そば」。
こちらも歴史は古く江戸時代にさかのぼり、3代将軍の徳川家光も絶賛したと伝わります。
最近では深大寺ビールという地ビールも出ていますので、グルメでも楽しめます。

また門前町には調布ゆかりでもある鬼太郎の茶屋もあり、そのファンの方も楽しめる、本当に大勢の観光客で賑わうお寺です。

入場料:白鳳仏拝観のみ大人300円
参考:深大寺公式サイト

地図